群馬工業高等専門学校 電子メディア工学科
Department of Electronic Media Technology, National Institute of Technology, Gunma College

受験生の皆様へ

電子メディア工学科では何を学ぶことができるの?

「電気」「電子」が関連する内容は,ほぼ全てを網羅する形で本科1年から5年を通じて授業として行われております. 授業の中心になるのは,当学科の核になる電気回路や電磁気学になりますが,電気で動くコンピュータの仕組みをソフト・ハードの両面から 学ぶことができる授業(例:計算機基礎,情報科学)や,電気,磁気と深く関連する材料に関する授業(例:電子材料基礎)も 必修科目としてカリキュラムに組み込まれています.

また,高度なシステムになればなるほど,その挙動を解析するには高度な数学的知識が必要になります. そのため高学年(4年,5年)のカリキュラムには,事象を数学的,工学的に扱うための学問に関する授業(例:解析学,確率統計,自動制御)も豊富に揃っております.

なお,電子メディア工学科では,数学,物理等の基礎科目にも力を入れており,5年生時の研究室配属時に それらの講義を担当する一般教科・自然に所属する教員の研究室に所属することも可能です.高専で「数学・物理」を学習・研究したいと考えられてらっしゃる方は, 是非,当学科への応募を検討してみて下さい.

カリキュラム詳細(群馬高専本体Webページへのリンク)

群馬高専一般教科(自然)(外部リンク)

電子メディア工学科の特色は何?

当学科で学ぶ内容は,電子の性質を利用した広い学問分野に対応できる人材を育成していく ということです.このため,低学年より物理・数学をはじめとする基礎学力に重点を置いた教育を進めて行きます. とはいっても講義による単なる知識の授与だけではなかなか学力の向上は困難です.ではどのように基礎力を高めているのでしょうか?

当学科ではこれら基礎科目については重点的に演習の時間を設け,単に学んだだけではなく 知識の定着をはかっています.演習により,講義で学んだ理論だけではなく 基礎が身につくことになります.

そして最終学年(5年)では,情報通信・エネルギー変換・電子材料の 重点3分野について,それらの基礎的な事を修得し,卒業後は更に深く学び創造的な仕事をすることが 可能となる人材を育てています.基礎学力をしっかりと修得しているため, 社会の変化に耐えられるような人材の育成を目指すカリキュラムにもなっています. また専攻科への進学者も修了時には将来の更に深いレベルの研究・開発にも耐えられるように配慮した カリキュラムです.

電子メディア工学科の学生の進路はどこが多いの?

高専の本科を卒業して進学する場合,編入試験を経て国立大学に入るケースがほとんどです.例えば,平成25年度の卒業生ですと進学希望者の 2割程度の学生が群馬高専の専攻科(生産システム工学専攻)へ,8割弱が旧帝大,東京工業大学,筑波大学等の国立大学に編入する予定になっています. 進学する学部としては,やはり電気電子系,情報系が一番多く,その次に物理学科,数学科,次いで経済学科が多いです.珍しいところでは,図書館学類やデザイン系の学科に進学する学生もおります.

本科から専攻科に進んだ学生の進学先についてですが,電子メディア工学科出身の学生については東京大学,東京工業大学,筑波大学, 東北大学,群馬大学が主になります.特に東京工業大学については,卒業生の5割近い学生が進学しており,東京大学へ進学した学生と合わせると, 全体の7割近い人数になります.

本科を卒業して直接就職する学生の進路につきましては非常に多種多様です.ここ数年の電子メディア工学科卒業生の就職先としましては, 各市役所等の公務員,JR東日本,東京電力,富士重工業,NTT関連子会社等が挙げられます. この就職傾向は,大学等に編入してからの学生についても同様で,NTT,トヨタ,キヤノン,東京電力等の大手企業, 日本電気,沖電気,三菱電機,日立製作所等のメーカー系企業,群馬県庁,県警,各市役所などの公官庁などに就職しています.

群馬高専全体の進路情報はこちら(外部リンク)

電子メディア工学科に女子学生はどのぐらいいるの?

電子メディア工学科の女子学生は各学年(40名前後)に概ね5~10%程度在籍しています.体育等の一部授業は除きますが,全ての科目において 男子学生と全く同じ授業を受け,進学・就職します.進学先も女子大を除けば,男子学生とほぼ同じです.

本科では4年次から5年次にかけて『デザイン実験』という,世の中に存在する問題を自らの頭で定義し, その問題を解決するための電子機器を,部品調達から設計まで含めて製作する授業があり,特に女性ならではの発想が十分に発揮されます.

電子メディア工学科女子学生の部活動についてですが,ここ数年では美術部,茶道部,文芸部などの文化系部活と各種運動部(野球,サッカー等)のマネージャーなどが挙げられます. もちろん,群馬高専の運動部には女子部がある部も多数ありますので,積極的に入部,活躍されることを教員一同,期待しております.

理系女子応援ページ(群馬高専本体Webページへのリンク)

電子メディア工学科の学生の生活はどのようになっているの?

実際の授業風景等を交えた動画にまとめましたので,下記youtube上の動画をご確認いただければと思います.

電子メディア工学科学生の一日

電子メディアの印象は?